NUTRI ニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 血清総タンパク(TP)[total protein]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第5章 5-3:血清総タンパク(TP)[total protein]

    第5章栄養状態の評価

    5-3:血清総タンパク(TP)[total protein]

    血清総タンパク(TP)[total protein]
     基準値 6.7~8.3 g/dL
     血液は血球(細胞成分)と血漿(体液成分)からなる.血漿から血液凝固因子を除いたものを血清といい,ここに含まれるタンパクを総称して血清総タンパクという.
     血清総タンパクは血清中の6~8%を占め,多種類のタンパク成分から成り立つ(表1).62~72%がアルブミン,11~20%がγ-グロブリンである.血清総タンパク値が変動する要因としてはタンパクの合成,分解,体外喪失があげられるが,アルブミンの増加およびγ-グロブリンの減少がみられることはまずない.そのためほとんどの場合,血清総タンパクの増加はγ-グロブリンの増加を反映し,減少はアルブミンの低下を反映する.
    表1●主な血清タンパク
     したがって,血清総タンパクの高値がみられる場合は,脱水による血液濃縮,もしくは肝硬変や骨髄腫によるγ-グロブリン分画の増加などが原因と考えられる.低値を示す場合は,腎疾患や消化器疾患,体外喪失などが考えられる.術後や炎症性疾患などにより,タンパク異化が亢進して低値を示すこともある.

    おすすめコンテンツ