NUTRI ニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • C反応性タンパク(CRP)[C-reactive protein]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第5章 5-3:C反応性タンパク(CRP)[C-reactive protein]

    第5章栄養状態の評価

    5-3:C反応性タンパク(CRP)[C-reactive protein]

    C反応性タンパク(CRP)[C-reactive protein]
     基準値 0.4 mg/dL以下
     肺炎球菌菌体のC多糖体と沈降反応を示すタンパクとして同定された.炎症時には必要エネルギーとしてCRPの合成が促進されるため,炎症やがんなどによる組織障害によって血中濃度が上昇する.病態の改善後すみやかに低下する.炎症や組織障害の診断,予後,治療効果の観察に役立つ.

    おすすめコンテンツ