"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • リフィーディング症候群[refeeding syndrome]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第8章 8-5:リフィーディング症候群[refeeding syndrome]

    第8章経腸栄養法

    8-5:リフィーディング症候群[refeeding syndrome]

    ■リフィーディング症候群[refeeding syndrome]
     長期間栄養不良状態が続いている患者(神経性食欲不振症など)に積極的な栄養補給を行うことにより,低リン血症をきたし,発熱,痙攣,意識障害,心不全,呼吸不全などが現れる.栄養補給開始直後ないし4~5日後に発症する.血中リン濃度を測定することと,投与エネルギーを減じ,直ちに静脈的なリン酸の補給が必要である.この現象は長期間の飢餓によりエネルギー代謝が脂肪中心であったのが,栄養の投与により急激に炭水化物に変化し,それに伴って血中の電解質が細胞内に移行することによる(参考文献8-5-8).
    1-2:リフィーディング症候群[refeeding syndrome](https://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch1-2/keyword2/)も参照.
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]