"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

医療従事者お役立ち情報

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. 熱傷重症度[burn severity]

8-5:重症熱傷のキーワード

[3] 熱傷重症度[burn severity]

 重症度の評価法にはいくつかの方法が提唱されており、表1に示した。これに加え、糖尿病、心不全、慢性腎不全などの基礎疾患例ではより重症度が高いと考える。当然栄養アセスメント、介入管理もより厳密に行う必要がある。

1. Artzの基準
① 重症熱傷:熱傷専門施設での入院加療を要する
●Ⅱ度熱傷で30%以上のもの
●Ⅲ度熱傷で10%以上のもの
●顔面、手足のⅢ度熱傷
●以下の合併症を有する熱傷
 ・気道熱傷・軟部組織の損傷・骨折
●電撃傷、化学熱傷
② 中等部熱傷:一般病院での入院加療を要する
●Ⅱ度熱傷で15〜30%のもの
●Ⅲ度熱傷で10%未満(顔面、手足は除く)
③軽傷熱傷:外来通院でよいもの
●Ⅱ度熱傷で15%未満のもの
●Ⅲ度熱傷で2%未満のもの
2. burn index(BI)
 [Ⅱ度熱傷面積(%)×1/2+Ⅲ度熱傷面積(%)]
  BI:10〜15以上であれば重症とする
3. prognostic burn index(PBI)
 [burn index+年齢]
   120〜 :致死的熱傷で救命はきわめて稀
 100〜120 :救命率20%程度
  80〜100 :救命率50%程度
    〜80 :重篤な合併症、基礎疾患がなければ救命可能 

表1●熱傷重傷度の評価法

おすすめコンテンツ

Prev

  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム

Next

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食