"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

医療従事者お役立ち情報

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. アルギニンとimmunonutrition[arginine]

6-3:Immunonutritionのキーワード

[2] アルギニンとimmunonutrition[arginine]

 アルギニンは腎臓において腸管由来のシトルリンから内因性に産生される非必須アミノ酸であるが、敗血症や外傷などのストレス時には体内での合成が減少するので、条件付き必須アミノ酸のひとつである。タンパク合成に重要なポリアミンや核酸の前駆体であり、一酸化窒素の前駆体でもある。また、脳下垂体に作用して成長ホルモンやプロラクチンの分泌を促進することにより間接的にタンパク合成を促進する。リンパ球の有糸分裂を促進しT細胞数を増加させ、またその機能を促進する。特に免疫力の落ちた患者においてその作用は顕著である。コラーゲンの前駆体であるハイドロキシプロリンの合成に重要でもあり、創傷治癒を促進させることが知られている。アルギニンを30g/日、2週間経口投与すると正常成人において窒素保持作用が認められたという報告があり、アルギニンはタンパク節約効果も有する。
図1

図1●アルギニンの免疫賦活化作用のメカニズム
アルギニンの免疫賦活下作用には3つの機序が考えられる。①アルギニンが脳下垂体から成長ホルモンやプロラクチン放出を促す。②ポリアミン合成が促進し、リンパ球の成長・増殖活性化が促進する。③一酸化窒素(NO)産生促進によるリンパ球細胞障害能活性化。以上の機序により免疫能が賦活すると考えられる。
参考図書6-3-10をもとに作成)

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食