"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 多量ミネラルの必要量の算出[mineral requirement]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第6章 6-3:多量ミネラルの必要量の算出[mineral requirement]

    第6章栄養療法の実践

    6-3:多量ミネラルの必要量の算出[mineral requirement]

    ■多量ミネラルの必要量の算出[mineral requirement]
     ナトリウム,カリウムなどのミネラルは体内で合成できないため,経腸栄養静脈栄養などで,一定量を体外から投与する必要がある.ミネラルの含有量が少ない場合には欠乏症に,また,多すぎる場合には過剰症になるので注意を要する.「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では,目安量や推定平均必要量などが提示されており(表1),経口・経腸栄養時には参考になる(参考文献6-3-3).また,ASPENのガイドラインでは,経腸栄養静脈栄養での推奨量が示されている(参考文献6-3-6).実際には病態に合わせて増減し,血清濃度などでモニターする.
    表1 成人のミネラル

    (文献6-3-3,6-3-6をもとに作成)

    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]