"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • TNF-α[tumor necrosis factor-α]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第3章 3-2:TNF-α[tumor necrosis factor-α]

    第3章侵襲に対する生体反応

    3-2:TNF-α[tumor necrosis factor-α]

    ■TNF-α[tumor necrosis factor-α]
     侵襲時に最もすみやかに分泌される,最も強力な生体反応のメディエーターのひとつであり,代表的な炎症性サイトカインである.単球やマクロファージ,T細胞から産生され,サイトカインカスケードにおける遠位のサイトカインの産生を刺激する.lipopolysaccharide(LPS)を単回投与すると,血中TNF-αレベルは1~2時間後にピークに達するが,TNF-αの半減期は20分以下であり,3~4時間後には検出されなくなる.しかし,早期のTNF-αレベルの上昇は,IL-1やIL-6,IL-8,IFN(interferon)などの炎症性サイトカインの産生を刺激し,IFNが2~4時間,IL-1が4~5時間,IL-6が5~6時間でそれぞれピークに達する.
     TNF-αは,好中球を活性化しエラスターゼの産生を高めるため,感染防御能を高めるが,過剰に好中球が活性化されると組織傷害を引き起こす.TNF-αは他にも,異化・血液凝固の亢進,白血球の血管内皮への接着を増強する接着分子の発現増強,PGE2(prostaglandin E2),PAF(platelet-activating factor)の産生増加の作用などを有し,炎症を増強する作用がある.
     一方,内因性のTNF-α阻害物質として可溶性TNF受容体(sTNFR)が存在する.sTNFRに結合したTNF-αは細胞表面の受容体に結合せず,その生物活性を発揮しないため,sTNFRはTNF-αによる過剰な炎症反応制御に重要な役割を果たしていると考えられる.しかし,同時にTNF-αの運び手・血中における生物活性を有するTNF-αのプールの場として作用している可能性もある.
     SIRS,Sepsisの新しい治療法としてTNF-αのブロック療法が期待されたが,現段階では,むしろ生存を悪化させる危険性もあり臨床応用に至っていない.
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]