"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • リポタンパクリパーゼ(LPL)[lipoprotein lipase]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第9章 9-3:リポタンパクリパーゼ(LPL)[lipoprotein lipase]

    第9章静脈栄養法

    9-3:リポタンパクリパーゼ(LPL)[lipoprotein lipase]

    ■リポタンパクリパーゼ(LPL)[lipoprotein lipase]
     LPLはtriglyceride-richリポタンパクを加水分解する酵素で,実質細胞で生成され毛細血管内皮細胞に転送され存在する.triglyceride-richリポタンパクの親水基であるリン脂質に親和性をもち,脂肪粒子と結合し,トリグリセリドを加水分解する(図3).LPLはtriglyceride-richリポタンパクに結合しているアポリポタンパクC-Ⅱによって活性化されると同時に,アポリポタンパクC-ⅡはLPLと脂肪粒子の接触を誘導する働きがある.脂肪粒子とその活性および生成速度は生体の環境,特にホルモンに影響され,絶食では筋肉のLPL活性は亢進しトリグリセリドを分解し脂肪酸を供給する.

    図3●リポタンパクリパーゼ(LPL)による加水分解
    脂肪粒子は毛細血管壁に存在するLPLと接触し加水分解され,脂肪酸を遊離する.LPLの活性を制御するのがアポリポタンパクC群である.

    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]