"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 人工脂肪粒子のリポタンパク化[artificial lipid particle resembling lipoprotein]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第9章 9-3:人工脂肪粒子のリポタンパク化[artificial lipid particle resembling lipoprotein]

    第9章静脈栄養法

    9-3:人工脂肪粒子のリポタンパク化[artificial lipid particle resembling lipoprotein]

    ■人工脂肪粒子のリポタンパク化[artificial lipid particle resembling lipoprotein]
     人工脂肪粒子はCMと異なりアポリポタンパクを全く結合しないまま血中に投与される.人工脂肪粒子の代謝,特に加水分解過程がCMに類似するとすれば人工脂肪粒子にもアポリポタンパクを結合する機構が存在するであろうことは容易に想像される.人工脂肪粒子がアポリポタンパクを結合する機構が明らかにされている.すなわち人工脂肪粒子が血中に投与されると直ちにHDLよりアポリポタンパクC-Ⅱ,C-ⅢおよびEの転送を受ける(参考文献9-3-1).アポリポタンパク群の転送を受けた人工脂肪粒子は効率的に加水分解され,加水分解が終了した後,アポリポタンパクC群はHDLに逆転送されることも明らかにされた(図5).このように人工脂肪粒子がアポリポタンパクを結合することによって,その後の代謝がCMに類似してくるものと考えられる.この機構を人工脂肪粒子リポタンパク化(参考文献9-3-2)とよぶ. 図5

    図5●人工脂肪粒子リポタンパク

    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]