"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • カイロミクロン(CM)[chylomicron]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第9章 9-3:カイロミクロン(CM)[chylomicron]

    第9章静脈栄養法

    9-3:カイロミクロン(CM)[chylomicron]

    ■カイロミクロン(CM)[chylomicron]
     経口摂取された脂肪は消化管内で分解され脂肪酸またはモノグリセリドやジグリセリドになる.これら長鎖脂肪酸は小腸壁でトリグリセリドに再合成される.このトリグリセリドは脂肪粒子を形成しリンパ管に入り,最終的には胸管に集合し血中に流れ込む.この脂肪粒子がカイロミクロン(CM)である(図2).脂肪を大量に摂取した直後の血清が白濁しているのは加水分解前のCMの存在を意味する.脂肪乳剤の人工脂肪粒子はこのCMをモデルとして作られた.事実,イヌにCMと人工脂肪粒子を同量静注すると,血中からの消失速度と消失パターンはきわめて類似していることがわかっている.

    図2●カイロミクロン(CM)の生成

    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • 嚥下NEWS
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]