"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • コレステロール[cholesterol]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第2章 2-4:コレステロール[cholesterol]

    第2章栄養素とその代謝

    2-4:コレステロール[cholesterol]

    コレステロール[cholesterol]
     コレステロールは,細胞膜の構成成分であるとともに,胆汁酸ステロイドホルモンの材料であり,生体に不可欠な物質である.
     体内で必要なコレステロールは,食物中のコレステロールが小腸から吸収されるほか,合成によって供給される.体内のすべての細胞がコレステロール合成能をもつが,主には肝臓において,アセチルCoAを出発材料として合成される.コレステロールの合成は,3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA),メバロン酸,イソプレノイド,スクアレンの生成を経て,20数段階を経て行われる(図9).HMG-CoAからメバロン酸への変換を触媒するHMG-CoAレダクターゼ(HMG-CoA還元酵素)は,コレステロール生合成の律速酵素である.コレステロールの生合成は,その代謝物であるメバロン酸やコレステロールによりフィードバック調節を受ける.食事由来のコレステロールが細胞内に増加したときにもHMG-CoAレダクターゼの活性は阻害され,コレステロールの生合成は抑制される.薬剤のスタチンはHMG-CoAレダクターゼの阻害剤として,コレステロールの生合成を抑制するために,高コレステロール血症の治療薬として利用されている.
    図9
    図9●コレステロールの生合成の流れ
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]