"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • ケトン体[ketone body]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第2章 2-4:ケトン体[ketone body]

    第2章栄養素とその代謝

    2-4:ケトン体[ketone body]

    ケトン体[ketone body]
     脂肪酸β酸化が活発に起こり,アセチルCoAが過剰に生成すると,肝臓ではアセチルCoAを材料としてアセト酢酸や3-ヒドロキシ酪酸(β-ヒドロキシ酪酸)およびアセトンがつくられる(図8).これらはケトン体とよばれる.アセチルCoAを水溶性であるケトン体に変換することにより,肝臓で余剰となったアセチルCoAの血液を介した輸送が可能となる.
     脂質摂取に対して糖質摂取が少ない,飢餓で糖質の摂取が不足,また糖尿病で組織の糖質利用が低下している場合などは,脂肪組織から遊離脂肪酸が遊離してβ酸化が亢進し,大量に生成したアセチルCoAからケトン体が産生されやすくなる.ケトン体が増えすぎると,血液が酸性に傾くアシドーシスを起こす.糖尿病の場合は,代謝性アシドーシスと脱水が起こり,糖尿病性昏睡の原因となる.
    図8
    図8●ケトン体の生成と利用
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]