NUTRI ニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • エイコサノイド[eicosanoid]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第2章 2-4:エイコサノイド[eicosanoid]

    第2章栄養素とその代謝

    2-4:エイコサノイド[eicosanoid]

    エイコサノイド[eicosanoid]
     エイコサノイドとは,プロスタグランジン(PG),プロスタサイクリン(PGI),トロンボキサン(TX),ロイコトリエン(LT)などの生理活性物質のことである.細胞膜のリン脂質に存在する炭素数20のアラキドン酸(n-6系)が,ホスホリパーゼA2によって遊離し,代謝されることで生成する(図3).
     PGIは血管壁で合成され,血小板凝集抑制作用をもつ.TXは,血小板でつくられ,血管収縮と血小板凝集を引き起こす.LTは白血球でつくられ,炎症作用に働く.
     一方,n-3系のEPAからも,同様の代謝経路でそれぞれエイコサノイドが産生されるが,EPAから産生されるTXの血小板凝集活性はアラキドン酸由来のものより弱く,消炎作用をもち体内の恒常性維持に働く.このことから,食事中のn-3系脂肪酸は,血栓予防,炎症やアレルギー症状の緩和に効果があるとされている.
    表
    図3●エイコサノイドの代謝とその機能

    おすすめコンテンツ