"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 血糖コントロール[glucose control]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第10章 10-4:血糖コントロール[glucose control]

    第10章各疾患の栄養管理

    10-4:血糖コントロール[glucose control]

    血糖コントロール[glucose control]
     熱傷ストレスによる糖新生やインスリン感受性低下による高血糖は,死亡率増加など予後を悪化させる要因である.このため,炭水化物は目標エネルギー量の最大55%とし,5 mg/kg体重/分以下の速度で,7 g/kg体重/日を超えないようにする(参考文献10-4-4),(参考文献10-4-12).インスリン持続静注は,外傷などの重症患者と同様に,血糖値が180 mg以上になる場合に開始する.ESPEN(参考文献10-4-4)は,血糖値を80 mg/dL以下にせず,140 mg程度に維持するよう提案している.インスリンには抗炎症作用やタンパク同化作用を認めるが,高用量投与による低血糖や低K血症には注意が必要である.最近,HbA1c>7%の糖尿病を有する重症患者に対しては,血糖値160~220 mg/dLのコントロールを勧める報告もある(参考文献10-4-13)が,熱傷を対象とした大規模研究はない.表3に当施設の非糖尿病の重症熱傷に対する血糖コントロールを示す. 表3
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]