"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 粘膜固有層リンパ球(LPLs)[lamina propria lymphocytes]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第4章 4-2:粘膜固有層リンパ球(LPLs)[lamina propria lymphocytes]

    第4章栄養と免疫,および生体防御機構

    4-2:粘膜固有層リンパ球(LPLs)[lamina propria lymphocytes]

    粘膜固有層リンパ球(LPLs)[lamina propria lymphocytes]
     腸管の粘膜固有層には,炎症性病変が存在していないときでも,多数の形質細胞と活性型CD4T細胞,CD8T細胞が存在し,粘膜免疫の機能を発現する.
     粘膜固有層には生体全体の80%の形質細胞が存在する.粘膜固有層の形質細胞はIgA産生形質細胞として二量体IgAを産生する.このIgAが腸管内に分泌されるには,まず上皮細胞の粘膜下組織側の膜表面にあるポリIgレセプターにIgAが結合する(図3).このようにIgAはレセプターに結合したまま粘膜上皮細胞内の輸送小胞に取り込まれる.小胞は腸管腔側の細胞膜へと移動し,細胞外輸送の機序によって分泌型IgAを粘液中に分泌する.
    図3 分泌型IgA

    図3●分泌型IgA
    形質細胞より産生された二量体IgA が細胞膜表面にあるポリIgレセプターと結合し上皮細胞の輸送小胞に取り込まれた後,細胞外輸送の機序によって分泌型IgAを粘液中に分泌する.

     腸管に分泌されたIgAには,自然免疫的と獲得免疫的に機能する抗体が存在する.自然免疫的なIgAの多くは脂質や多糖類などのT細胞非依存的抗原を認識する.これらの抗原は病原微生物だけでなく常在細菌にも共通で発現するため,微生物の病原性を問わず反応性を示すことで,腸管粘膜内への細菌の侵入を常時抑制していると考えられる.獲得免疫的に機能するIgAは,M細胞を介した抗原抗体反応で抗原提示されたT細胞依存的抗原を認識する.
     粘膜固有層のCD4T細胞にはTreg細胞とTh17細胞や,Mucosal associated invariant T(MAIT)細胞が認められる.CD4T細胞はIL-4やIL-5などを産生し,腸管でのIgA産生を促進する.また,CD8T細胞は感染したマクロファージを認識して傷害する役割を担う.
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]