"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. 第6章 6-2:Harris-Benedictの式

第6章栄養療法の実践

6-2:Harris-Benedictの式

■Harris-Benedictの式
 間接熱量計はきめ細かなエネルギー消費量の測定に適しており,その値から各人のその時期の必要エネルギー量を推測することができる.刻々と状態が変化するような患者のエネルギー消費量とそれから推定する所要量を決定することができる利点がある.しかし,簡易となったとはいえ装置は高価であり,あらゆる施設に設置されているわけでもない.また,たとえ装置があったとしてもすべての患者に使用するわけにはいかず,通常はつぎのHarris-Benedictの式(表2)を用いて,基礎エネルギー消費量(basal energy expenditure : BEE)を推定することが一般に行われている.
 患者の全エネルギー消費量(total energy expenditure : TEE)はBEEをもとに算出され次式で表わされる.

[TEE=BEE×activity factor ×stress factor]
表2患者の全エネルギー消費量

(文献6-2-3をもとに作成)

おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]