"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 栄養サポートチーム加算[additional medical fee for the nutrition support team activity]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第1章 1-3:栄養サポートチーム加算[additional medical fee for the nutrition support team activity]

    第1章栄養障害と栄養療法

    1-3:栄養サポートチーム加算[additional medical fee for the nutrition support team activity]

    栄養サポートチーム加算
    [additional medical fee for the nutrition support team activity]
     2010年の診療報酬改定で「栄養サポートチーム加算」が新設された.日本静脈経腸栄養学会(2020年より日本臨床栄養代謝学会)では2001年にNSTプロジェクトが発足し,すべての入院患者に栄養アセスメントを実施して,栄養障害ありと判断された患者にはNSTによるチーム医療が有効であることを実証しつつNST活動の普及に努めた(参考文献1-3-3).
     この加算は栄養アセスメントで抽出された栄養障害患者に対し,NSTによるチーム医療を実施した場合に加算される.対象患者1人につきカンファレンスと回診を行えば,1日当たりの算定患者数はおおむね30人以内で,週に1回200点を算定できる.当初は急性期病院対象の加算であったが,2012年の改定で亜急性期や慢性期にもNSTの必要性が認められ,療養型病床においても入院日から6カ月以内に限り,入院1カ月までは週1回,2カ月目以降は月1回の算定ができるようになった.
     さらに2018年の改定で1日当たりの算定患者数が15人以内であれば,チームのメンバーに専従者が必須ではなく,いずれも専任でも可と専従要件が緩和された.これは病院の医療従事者の業務負担軽減の観点と,職員数が少なく専従が確保しにくい,地方や中小病院でもNST活動が評価され活動できるようにとの配慮であると考えられる.
    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]