"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 解糖系[glycolytic pathway]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第2章 2-2:解糖系[glycolytic pathway]

    第2章栄養素とその代謝

    2-2:解糖系[glycolytic pathway]

    ■解糖系[glycolytic pathway]
     解糖系は,細胞内に取り込まれたグルコースが,ピルビン酸あるいは乳酸に代謝される経路を指し,10あるいは11段階の反応からなる(図1).グリコーゲン分解で生じたグルコース 6-リン酸も,解糖系に合流する.これらの反応はすべて細胞質で行われる.この経路は酸素を消費することなく補酵素NAD+がグルコースを酸化し,嫌気的な条件でもグルコースが乳酸まで代謝される間に,差し引き2分子のATPを生成する.
     解糖系の主要な役割は,ATPの生成である.ATPとはアデノシン三リン酸のことで,生体内の代表的な高エネルギー分子として働いている.ATPは,心筋や骨格筋などの筋肉が収縮するエネルギーとして,また代謝経路を構成する化学反応のなかには自然に起こりにくいものがあるが,こうした化学反応を進めるためのエネルギーとして用いられている.
    図1

    図1 ●解糖系の反応
    (文献2-2-2より引用)

    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • 嚥下NEWS
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]