NUTRI ニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 在宅静脈栄養法(HPN)[home parenteral nutrition]
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第12章 12-3:在宅静脈栄養法(HPN)[home parenteral nutrition]

    第12章在宅栄養管理

    12-3:在宅静脈栄養法(HPN)[home parenteral nutrition]

    在宅静脈栄養法(HPN)(参考文献12-3-6)[home parenteral nutrition]
     HPNは,経口や経腸栄養では必要な栄養や水・電解質などを補えないが在宅での生活が可能である場合に,患者や家族の同意を得て在宅で中心静脈栄養を行って栄養・水・電解質を投与する方法である.
     昨今,在宅療養支援診療所でHPN管理を行えるようになってきている.これには,薬剤師による在宅患者訪問管理指導業務が行われるようになったことが大きく寄与している.薬剤師は,輸液製剤の提供においても院外処方箋を用いて院外調剤薬局のクリーンルームにて無菌調剤を行い,加えて配達,患者教育までに携わる.薬剤師が行う患者教育には次のようなものがある.
     ① 輸液調剤の方法
     ② 回路の組み立て,プライミング方法
     ③ 接続,穿刺方法
     ④ ポンプの使い方や整備点検の方法
     ⑤ HPN中の副作用やトラブルが生じたときの具体的な対処法
     ⑥ 医療廃棄物の取り扱い

    おすすめコンテンツ