"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

  • キーワードでわかる臨床栄養
  • 中心静脈カテーテル挿入時の高度バリアプレコーション
    1. トップページ
    2. 医療従事者お役立ち情報
    3. キーワードでわかる臨床栄養
    4. 第9章 9-2:中心静脈カテーテル挿入時の高度バリアプレコーション

    第9章静脈栄養法

    9-2:中心静脈カテーテル挿入時の高度バリアプレコーション

    ■中心静脈カテーテル挿入時の高度バリアプレコーション
     中心静脈カテーテルの無菌的管理の第一歩は,無菌的なカテーテルの挿入である.カテーテル挿入時の消毒薬としては,10%ポビドンヨード(イソジン®)でもよい.CVCは必ず高度バリアプレコーションで挿入することが基本である(図15).高度バリアプレコーションとは,帽子,マスク,無菌ガウンを着用し,清潔手袋を装着したうえで,広い穴空き覆布を用いてカテーテルを挿入することを意味する.清潔手袋を装着し,カテーテルキットに含まれている狭い覆布を用いたカテーテル挿入(標準的バリアプレコーション)に比して,有意にCRBSI発生頻度が低いことが報告されており,CDCガイドライン,本邦のガイドラインでも推奨されている.
    図15●CVC挿入時の高度バリアプレコーション

    図15●CVC挿入時の高度バリアプレコーション
    CVCを挿入する際は,帽子,マスク,滅菌ガウンを着用し,清潔手袋,広い穴空き覆布を用いる高度バリアプレコーションを標準的に実施することが推奨されている.長期留置用のBroviacカテーテルやHickmanカテーテル,ポートは手術室で高度バリアプレコーションのもとに実施されることが多いが,通常の病棟におけるCVC挿入の場合でも,高度バリアプレコーションを実施すべきである.手袋と穿刺キットについている小さな覆布で挿入する標準的バリアプレコーションよりも,CRBSI発生頻度が有意に低下することが証明されている.

    おすすめコンテンツ
    • ニュートリーオンラインショッピング
    • ニュートリーポイントプログラム
    • CLUB NUTRI(登録)
    • ご当地嚥下食ワールド
    • キーワードでわかる臨床栄養
    • 嚥下障害と誤嚥性肺炎[学ぶ&ケア]