"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

先輩からのメッセージ

採用情報

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 先輩からのメッセージ
  4. R&D部

中尾 光治

谷山 洋平yohey taniyama

R&D部 商品開発課

※職種、役職、部署名は掲載当時のものです

入社年
2009年
出身学部
生物資源利用科学専攻
入社後、一番苦労したことはなんですか?また、どう乗り越えましたか?

入社2年目の時に、新工場の立ち上げを任せて頂きました。商品の設計はもちろんですが、それと並行し、工場の設計、原料の調達等、様々な領域の仕事もこなしていかなくてはならず、予期せぬ事態の連続でした。「絶対に工場を完成させ商品を送り出す!」この思いがプロジェクトチームを支えていました。連日に渡り、プロジェクトチームにて試作・協議を重ね、気が付けば一つ一つ課題を乗り越え、無事に工場が稼働していました。予定通りとはなりませんでしたが、その分、その苦労は製造技術に変わり、ニュートリーの基盤技術になっています。当時、若手社員の私にとって、その一端を担えたことは大きな経験になり、とても感謝しています。

あなたの印象に残っている(熱くなった)仕事は?

「とろみ自動調理機」を世に送り出したことがとても印象に残っています。現在、医療・介護現場では、医療従事者や介助者がとろみ材を各種飲料に入れ撹拌し、とろみをつけることが主流です。人の手が介入することで、とろみ材がダマになる、粘度が安定しないといった問題が少なからず起こっていました。

これらを解決すべく、商品開発力・製造技術をもつニュートリーと、企業パートナーであるアペックスがコラボレーションし、「とろみ自動調理機」を開発しました。嚥下分野における医療関係のオピニオンの方々から非常に高い評価を頂いたほか、各種メディアにも大きく取り上げて頂きました。今後は、とろみ飲料がもっと一般化し、高齢者の方(嚥下困難の方)が不自由なく安心した生活が送れる社会に貢献していくことを期待しています。とろみ材・とろみ飲料の歴史を大きく変えていくイノベーション、ニュートリーが掲げている「fast forward innovative」を強く感じた仕事でした。

仕事のやりがいや、逆に大変だと思う点は?

開発に携わる社員の裁量が非常に大きく、責任をもって製品開発ができることです。開発者はプロジェクトマネージャーとして、その製品に一番詳しく、かつ商品を愛しています。それゆえに、上市の際は商品のコンセプト、魅力をいかに社内外に伝えるか、日々頭を悩ませています。

所属する部署、グループの様子は?

より自由な開発と協力体制の中、それぞれの持つ「分野の強み」を生かし、お互いが高め合う組織です。新分野への挑戦も可能です。少人数だけに、共脳・共悩の精神で、高いハードルに向かっています。

どんな人がこの職種に向いていますか?

広く浅くとは反対で、この製品、この内容については誰にも負けないという気持ちを持ち仕事ができる人です。また、好奇心があり、能動的に動くことができると、日々目まぐるしく変化する社会情勢に目を向けることができます。そこからアイデアを創造し、形に変えていける強い芯を持った人が向いていると思います。

あなたのモットーは?

思いやりを持った製品開発です。患者様・利用者様の痛みを分からなければ、よい製品は創造できないと思っています。

おすすめの自社製品は?その理由は?

「ソフティア」シリーズです。テクスチャー改良材をつくるメーカーとして、唯一自社工場を持ち、顧客の要望に対してスピード感のある製品開発が可能です。そのため、日々変化するトレンドに合致した製品を、世に送り出すことができます。

おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食