先輩からのメッセージ

採用情報

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 先輩からのメッセージ
  4. PR部
飛澤 美奈子

飛澤 美奈子minako tobisawa

PR部 制作企画課 課長

  • ※職種、役職、部署名は掲載当時のものです
  • 入社年度
    2003年
  • 出身学部
    食品栄養科学部
  • 入社した理由は?
     就職活動で食品や薬品会社を何社か受けたのですが、どちらも「これまで学んできた栄養を病気の治療に役立てたい」という思いにマッチしませんでした。そんな中、大学時代の恩師から栄養療法食品を取り扱う会社があると聞き、「食品と薬品のちょうど間、こんな会社があったのか!」と思い採用面接を受けました。もともと商品開発に携わりたいと考えていたのですが、面接時に「全国をまわってお客様の意見を聞いて、それを商品開発に生かすという仕事はどうか?」と言われ、「それも面白そう!」と思い営業にチャレンジしました。
  • あなたのミッションと、具体的な仕事内容は?
     どうやったら商品の良さが伝わるかを考えることです。制作企画課の具体的な業務としては、商品パンフレットや販促用資材の制作、嚥下チームの業務としては、嚥下食セミナーの開催、嚥下食レシピ大賞の企画運営、嚥下食レシピ提案、試作などを行っています。
  • あなたの印象に残っている、または熱くなった仕事は?
     在宅向けのレシピ本の技術協力をしたことです。嚥下食はご家庭で作るのがなかなか難しいため、失敗しにくいレシピにすること、作り方をいかに分かりやすく表現するか、そして「美味しそう!作ってみたい!」と思っていただけるよう工夫しました。日々の介護の負担にならないように、取り入れやすいレシピや作り方のアドバイスを掲載しています。レシピ考案から写真撮影、原稿作成など、かなりタイトなスケジュールで大変でしたが、より良い内容に仕上がったと思います。すぐに重版が決まるなど、反響も大きかったです。
  • ニュートリーの魅力は?
     「やりたい!」と思ったことを実現しやすい環境だと思います。個人の業務の幅も広くやりがいがあります。
  • あなたのモットーは?その理由は?
     妥協せず、その時の最善を尽くすようにしています。一つ一つの業務のパフォーマンスをより高められるように、様々なことに気を配ります。制作物は目に留めてもらい、嚥下セミナーは心に留めてもらえなければ意味がないので、その確率を出来るだけ上げたいです。
  • おすすめの自社製品は?
     やっぱり一番付き合いの長い「ソフティアG」。嚥下調整食を作るなら、一番使いやすいです。自身の健康の為なら、「ブイ・クレス」シリーズです。
  • 今後の目標、解決していきたい課題は?
     同じ部署の後輩たちが、どんどん仕事の幅を広げられるようにサポートしていくことです。仕事の幅を広げておけば、今後ライフステージが変わったとしても、その時の状況に合った業務ができ、活躍し続けることができます。そのための後輩の育成はもちろんですが、後輩が新しい業務にチャレンジする際も進めやすいように、他部署と連携して、業務フローの改善にも取り組んでいます。

「営業部」を見る
「R&D部」を見る
「品質保証部」を見る
「製造部」を見る
「学術部」を見る

  • Page Up
  • サイトマップ