NUTRI ニュートリー株式会社

ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース
  3. 最新情報 噛む力や飲み込む力が弱くなった方のためのレトルト介護食
    「ブレンダー食 ピュレペースト」シリーズ6月1日新発売

噛む力や飲み込む力が弱くなった方のためのレトルト介護食
「ブレンダー食 ピュレペースト」シリーズ6月1日新発売

一覧

2022年06月01日

  • 新製品
栄養療法食品を開発・製造・販売するニュートリー株式会社(本社:三重県四日市市、代表取締役 社長 川口晋、以下、ニュートリー)は、6月1日(水)、主に医療・介護施設に向け、噛む力や飲み込む力が弱くなった方のためのレトルト介護食「ブレンダー食 ピュレペースト」シリーズを新発売し、同日、通信販売でも取り扱いを開始します。
医療・介護施設で便利な大容量サイズ「ブレンダー食 ピュレペースト500」(500g)の全5種と、ご家庭でも使い切りやすい食べきりサイズ「ブレンダー食 ピュレペースト ミニ」(80g)の全8種を発売します。
同製品は、飲み込みにやさしい、なめらかなペースト状の食品です。手作りではざらつきやすいメニューを厳選してラインナップしました。噛むことや飲み込むことが難しい方の食事に必要な「ミキサーにかける工程」をなくし、温めるだけでお召し上がりいただけます。
介護現場の調理時間短縮に貢献し、負担を軽減するレトルト食品です。80g当たり約100kcalを補給でき、ビタミン・ミネラルにも配慮しています。



【製品の特長】
▶素材を生かした、おいしく、食べやすいなめらかなペースト状
▶手作りではざらつきやすいメニューを厳選、和食から洋食メニューまで
▶介護現場の調理負担を軽減
 ・湯せんの場合:沸騰後、火を止めたお湯に袋の封を切らずに入れて2分
 ・電子レンジの場合:中身を電子レンジ対応容器に移し、ラップをかけて30秒(500W)
▶80g当たり約100kcalを補給でき、ビタミン・ミネラルにも配慮
▶大容量サイズ(500g)と、ご家庭でも使い切りやすい食べきりサイズ(80g)の2タイプ
▶常温保存でき、賞味期限も18ケ月と保管に便利
※ 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 嚥下調整食分類2021(食事)コード2-2相当



【製品概要】
■製品名称:ブレンダー食 ピュレペースト500
      肉じゃが、野菜のクリーム煮、ビーフシチュー、
      筑前煮、鰹の生姜煮(全5種)
■内容量:500g×6袋/箱 5,530円(税込)※通信販売参考価格
■販売方法:販売代理店を通じ、医療・介護施設および通信販売

■製品名称:ブレンダー食 ピュレペースト ミニ
 肉じゃが、野菜のクリーム煮、
      ビーフシチュー、筑前煮、
      鰹の生姜煮、鶏と野菜のトマト煮、
      かにのクリーム煮、きんぴらごぼう(全8種)
■内容量:[1種のみ]80g×5袋/箱 1,141円(税込)
     [8種詰め合わせ]80g×8種×各2袋/箱 3,654円(税込)
     ※通信販売参考価格
■販売方法: 販売代理店を通じ、医療・介護施設および通信販売



【開発の背景】
加齢や疾患等により、噛むことや飲み込むことが難しい高齢者は、通常の食事ではむせたり、気管に入ってしまったりすることがあり、窒息・誤嚥・肺炎等のリスクがあります。また食事量の減少から低栄養・脱水症状等にもつながる可能性があります。このため、介護者は食事をミキサーにかけたり、 とろみ材やゲル化材を使用したり、食形態を調整する必要があります。
ニュートリーでは、噛むことや飲み込むことが難しい高齢の方々にも「食べる楽しみ」を感じていただきながら、介護者の負担を軽減することを目指し、2022年1月、ミキサー不要・お湯と混ぜるだけでお粥が食べられる「そく粥」「そく粥つるり」を開発、発売しました。
この度、介護現場の食事面での更なる充実を図るため、主菜を中心に、手作りではざらつきやすいメニューや、ひと手間が必要なメニューをレトルト化し、発売することといたしました。
ニュートリーは、特別用途食品「えん下困難者用食品」の取得数最多企業として、今後も「食べる楽しみ」を応援し、医療・介護現場で役立つ情報や製品を継続的に提供してまいります。



【NUTRI関連ページ】
製品情報「ブレンダー食 ピュレペーストミニ」
製品情報「ブレンダー食 ピュレペースト500」

「噛む力や飲み込む力が弱くなった方のためのレトルト介護食 <br/>「ブレンダー食 ピュレペースト」シリーズ6月1日新発売」の関連画像

関連画像

一覧

おすすめコンテンツ