"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース
  3. 最新情報 シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査を実施しました

シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査を実施しました

一覧

2015年07月15日

  • 調査報告
シニア世代"医療機関で不調発覚"が栄養摂取の動機
―最も信頼する栄養摂取の情報源も「医療機関からの情報」―



主に病院・福祉施設向けの栄養・嚥下補助食品を開発・製造・販売するニュートリー株式会社(本社:三重県四日市、代表取締役社長 川口 晋)は、株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白形 知津江)と共同で、ソーシャルサービスが運営するシニアを中心とした会員組織にて、シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査を実施しました。
なお、本調査は3 回に分けて発表致します。

【第1 弾】シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査

◆総括

効率よく栄養摂取をしているシニアは約8 割。「医療機関への受診で、不調発覚」がきっかけ。

日常の食生活で「栄養バランスを効率よく摂取」しているシニアは、約80%。きっかけは、「健康診断で体の問題があった」や「病気になった」で、次に「食生活の乱れを自覚した」ときや「体調不良を感じた」ときも要因に挙がっています。また、日常的に栄養摂取に関する情報源として、参考にしているものは「テレビ番組(51%)」や「知人友人の口コミ(31%)」でした。しかし、栄養摂取に関する情報源の中で最も信頼できるもの は何かの問いでは、「医療機関などでの栄養指導(28%)」が一番となりました。
シニアが【効率の良い栄養摂取】を実行する動機づけは、「最も信頼できる情報源となる医療機関への受診で、不調が発覚したとき」と推察されます。

◆アンケートの主な結果

7 割以上のシニアが、日常的に効率の良い栄養摂取を心がけ、実行。

「日常の食生活に効率の良い栄養摂取を取り入れていますか?」の問いでは、調査対象全体で「取り入れている」と答えたのが72%で、「取り入れていない」が27%でした。7 割以上のシニアが、日常的に効率の良い栄養摂取を心がけ、実行に移していることがわかりました。

効率の良い栄養摂取のきっかけは、「医療機関で不調発覚」が要因、4 割以上。

「効率の良い栄養摂取を取り入れるようになったきっかけ」をたずねると、「健康診断で問題があったから(21%)」、「病気をしたから(15%)」、「健康診断の結果で医師から指導されたから(10%)」となりました。医療機関への受診で、体の不調が発覚したことが「効率の良い栄養摂取を取り入れる」大きな要因であることがわかりました。また「食生活が乱れていると感じたから(15%)」、「なんとなく体調が悪いから(12%)」も要因 の上位となり、医療機関への受診をしないまでも、体の不調を自覚した場合に、栄養摂取の改善を実行することがわかりました。

最も信頼できる情報源は「医療機関」が3 割弱。次いで、テレビ番組や口コミの順に。

「栄養摂取について、どのような情報源を参考にしているか?」の問いでは、「テレビ番組(51%)」、「友人知人からの口コミ(31%)」、「医療機関等の栄養指導(28%)」という結果となりました。一方で、「栄養摂取についての情報源の中でも、最も信頼できる情報源は何ですか?」の質問では、「医療機関などの栄養指導(28%)」、「テレビ番組(25%)」、「友人知人からの口コミ(8%)」の順となりました。この点から、シニア世代は医療機関からの情報を最も信頼し、参考としてテレビ番組から情報を獲得していることがわかりました。
------------------------------------------------------------------------------------
◆情報提供
調査結果サマリーは株式会社ソーシャルサービスのホームページから「シニアレポートファイル便」としてどなたでも無料で閲覧請求が可能です。
以下のページから、メールアドレス等の必要事項をお送り頂ければ、折り返しメールにて結果ファイルを無料でお送りします。
 「シニアレポート・ファイル便」

栄養摂取について解説した動画をYouTube にて公開しています。
 メディカルニュートリション~栄養療法の世界~

------------------------------------------------------------------------------------
◆調査概要
・調査内容:「栄養療法の消費者意識」に関する調査
・調査目的:「栄養療法」に対する意識・認知度など実態の把握
・調査方法:郵送調査(ポスタルくらぶモニター会員)
・調査時期:2015 年3 月中旬~3 月31 日
・調査対象:全国に在住する40 代以上の男女
・回収方法:男女半数ずつのシニアパネルに対して郵送、自由回答にて回収
・回答総数:300 名
・調査主体:株式会社ソーシャルサービス(協力:ニュートリー株式会社)

「シニア世代の栄養摂取に関する意識・動向調査を実施しました」の関連画像

関連画像

  • サムネイルのクリックで画像が拡大されます。
  • 印刷用画像をダウンロードされる方は「Pic」のアイコンをクリックしてください。
  • ※印刷向けの画像は表示に時間のかかる場合があります。
  • 画像の使用にはお申込みが必要となります

一覧

おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食