先輩からのメッセージ

採用情報

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 先輩からのメッセージ
  4. 営業
國井誠

國井誠

営業グループ

  • 営業部
  • 関東・中部グループ長
  • ※職種、役職、部署名は掲載当時のものです
  • 入社年度
    2006年度
  • 出身学部
    生活健康科学研究科卒(大学院)
  • 仕事の内容は?
    私たち営業部の仕事は、医療機関や介護施設をまわって現場のニーズを探り、製品の採用につなげることです。
    ただし、実際の販売は代理店などを通して行うので、採用までの道筋を一緒に考えたり、適切なサポートを行う業務が中心になります。
    現在の私の担当エリアは東京都内に加え中部地区4県。取り扱う製品ジャンルはブイ・クレスに代表される栄養補助食品や、ソフティアをはじめとする嚥下サポート製品など多岐にわたります。
  • 特別な専門知識が必要?
    営業する相手が病院や介護施設の管理栄養士さん、あるいはドクターということで、当然、高度な専門知識が要求されます。でも、入社の際には4ヵ月ほどかけて十分な教育・研修を受けられるので心配は無用ですよ。
    研修内容としては学術的な知識はもちろん、ロールプレイングによるセールストークの練習、さらには先輩社員との同行研修など盛りだくさんですが、修了する頃には皆"栄養の専門家"として恥ずかしくないスキルを身につけています。
  • 出張は多い?
    担当エリアは広いですが、出張のスケジュールなどは基本的に各人の裁量に任されています。ですから、いかに効率よく時間を使うか、個人個人の自己管理能力しだいだと思います。
    僕の場合は月曜日は東京支店に出社して午後から移動し、火曜日~木曜日は出張先で営業に専念。金曜日に東京に戻るというスタイルが多いです。
    また、ひとりでまわり切れない病院・施設をフォローする意味では、販売代理店をはじめとするパートナーとの協力関係をいかに築くかも大きなポイントですね。
    販売代理店などでは当社の製品のみを取り扱っている訳ではないので、まずは製品に興味を持ち、惚れ込んでいただかなくてはなりません。
    ニュートリー製品の営業活動がお互いのメリットにつながることさえ理解いただければ、自ずと連携は深まっていきます。そのためにも、十分な知識の共有と人間関係の構築が重要だと考えます。
  • 仕事のやりがいや、逆に大変だと思う点は?
    ニュートリーでは、原則として会社から売上げなどのノルマを課せられることはありません。目標を立てるのは自分たち、それを実現する方法を考えるのも自分自身です。
    それはやりがいでもあり、同時に大変な点でもありますが、だからこそ目標を達成できた時の満足感も大きいのだと思います。
  • ニュートリーの良い点は?
    一つひとつの製品に対して、頑固なまでに科学的な根拠を追求する点です。
    そのため、営業の場においても、単純な商談というよりは学術的な説明や文献などで調べた周辺情報の提供に時間をかけることが少なくありません。これは「製品のプロモーションを通して、栄養に関する理解自体をいっそう高めていこう」というニュートリーの強いメッセージの表れだと思います。
  • 今後の抱負は?
    近年は、栄養領域への関心が医療業界全般で高まっているのを身にしみて感じています。
    実際、私が入社した頃、営業スタッフはわずか10名足らずでしたが、現在では倍近くにまで増えました。
    このように急成長を遂げている分野で仕事ができるのは、自分にとっても大きなやりがいだと言えます。
    私たちが製品を納める先は病院や施設ですが、その先には大勢の患者様がいるということを忘れずに、これからも業務にあたっていきたいと思います。

「嚥下チーム(管理栄養士)」を見る

  • Page Up
  • サイトマップ