"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

医療従事者お役立ち情報

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. 体重減少[weight loss]

8-10:炎症性腸疾患のキーワード

[1] 体重減少[weight loss]

 6カ月で10%の体重減少があれば、栄養状態は不良と考えられるので栄養療法が必要である。カロリー摂取減少が2週間以上続いている場合は、体重減少(10%以上)がみられなくても、栄養素や微量元素の欠乏があると考えるべきである。皮下脂肪・筋肉量の消失がある場合には栄養状態不良と判断すべきであり、浮腫・腹水の存在などの症状がある場合は、体重の減少が明らかではなくても栄養状態不良のことがあるので、身体所見には十分注意する。
●Refeeding syndrome
 生体は飢餓や体重減少が激しいときには、エネルギー消費を抑えるように反応している。大量の糖質が急に入ると膵インスリン分泌が刺激され、カリウムマグネシウムが細胞内に急速に流入し、低カリウム・低マグネシウム血症が惹起され、不整脈を発症する。糖質からATPを産生するためにはリンが必要であり、低リン血症も出現する。溶血性貧血、痙攣発作、横紋筋融解などが起こり、呼吸筋機能も低下する。糖質補給は緩徐に行い、アミノ酸脂質、少量のリン酸カリウムマグネシウム投与を考慮する。血清リン値が1mg/dL以下の場合にはリン酸二カリウムを投与する。リンは体重の1%(総重量500〜700g)が体内にあり、その85%が骨に、14%が軟部組織にあり、リンは細胞内のおもな陰イオン(約100mM)を構成し無機リンとしてはわずか1mMにすぎない。細胞外液中に存在する無機リンは約500〜600mgで全体のわずか0.1%程度であり、血中リン濃度は細胞内外での移行や非経口的負荷および透析による除去などで変動しやすい。重篤な低リン血症では、2,3-DPGが低下しヘモグロビンの酸素飽和曲線が左方移動するので、酸素の末梢での放出が抑制されるため組織酸素欠乏が起こり、さらに横紋筋融解が惹起される。
  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食