"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

医療従事者お役立ち情報

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. 水溶性食物繊維[water soluble dietary fiber]

3-8:食物繊維のキーワード

[2] 水溶性食物繊維[water soluble dietary fiber]

 水溶性食物繊維(グアガム、ペクチン、グルコマンナンなど)は糖質やコレステロールの吸収を制御することで、糖尿病や脂質異常症、心血管系の患者に応用されている。水溶性食物繊維の中でも高発酵性のペクチンやグアーガム、さらにラクトスクロースなどのオリゴ糖は、小腸で消化吸収を受けずに大腸に到達し、直接ビフィズス菌、乳酸菌等によって選択的に資化(利用)され(プレバイオティクス)、その結果、大腸内で短鎖脂肪酸(酪酸、酢酸、プロピオン酸)が生成される。短鎖脂肪酸は大腸粘膜細胞の主要なエネルギー源となると同時に、Bifidobacterium優位の腸内細菌叢を誘導することで大腸内pHを低下させ、Clostridiumなどの腐敗菌の増殖を抑制して腸内フローラの改善作用を有する。また、短鎖脂肪酸(特に酪酸)は抗炎症作用を有し、結腸内での短鎖脂肪酸濃度の低下が認められる潰瘍性大腸炎などでは、注腸療法の有用性が報告されている(参考文献3-8-16)。結腸から吸収された短鎖脂肪酸は、回腸や上行結腸に存在するL細胞を刺激し、腸管粘膜の増殖ホルモン(エンテルグルカゴン)の分泌を促進し、同時に神経性ペプチドの分泌も亢進させて、大腸や小腸粘膜を増殖させる。これによってBTの発生が抑制されると考えられている(図1)。
図1

図1●水溶性食物繊維の効果(クリックで拡大します)
参考文献3-8-18より引用)

おすすめコンテンツ

Prev

  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム

Next

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食