"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

医療従事者お役立ち情報

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. カルニチン[carnitine]

3-4:脂質代謝のキーワード

[7] カルニチン[carnitine]

 活性型脂肪酸(アシルCoA)はミトコンドリア内膜をカルニチンと結合して、アシルカルニチンとなって通過する。ミトコンドリア内に入ったアシルカルニチンはカルニチンをはずし、再びCoAと結合してアシルCoAを形成して酸化過程に入る。カルニチンはミトコンドリア内膜の外に出て次のアシルCoAと結合する(図8)。カルニチンは広く体内に分布しているが、特に筋肉に多く含まれる。このようなミトコンドリア内膜をカルニチン依存性に通過するのは長鎖脂肪酸であり、炭素数の短い中鎖脂肪酸の活性化とミトコンドリア内膜の通過は、カルニチンに依存することなく行われる。よって、中鎖脂肪酸の酸化は長鎖脂肪酸に比べて速く、また体内で再エステル化されることも少ない。
図8

図8●カルニチンによる長鎖脂肪酸のミトコンドリア内への輸送(クリックで拡大します)
長鎖のアシルCoAはカルニチンと結合し、アシルカルニチンの形でミトコンドリア内膜を通過できる

おすすめコンテンツ

Prev

  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム

Next

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食