"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

医療従事者お役立ち情報

  1. トップページ
  2. 医療従事者お役立ち情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. 必須脂肪酸[essential fatty acids]

3-4:脂質代謝のキーワード

[5] 必須脂肪酸[essential fatty acids]

 リノール酸、リノレン酸、リノール酸から生合成されるアラキドン酸などのような、二重結合を2個以上もつ多価不飽和脂肪酸は生体内で合成されないので、必須脂肪酸と呼ばれる。無脂肪あるいは無脂肪に近い静脈栄養や経腸栄養で患者を管理すると、患者の状況によって多少の違いがあるが、約3週間で後述する必須脂肪酸欠乏症を示唆する血清の脂肪酸構成の変化が現れる。実際にヒト、特に成人で肉眼的に確認できる必須脂肪酸欠乏症状が出現するのは、血清脂肪酸構成に変化が現れてから、数週間から数カ月後といわれる。
●必須脂肪酸欠乏を示唆する血清脂肪酸構成異常
 必須脂肪酸は生体膜を構成しているリン脂質に多く含まれているが、これが欠乏すると一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸に由来するエイコサトリエン酸に置き換わる。したがって、必須脂肪酸欠乏の診断には置き換わったエイコサトリエン酸と本来該当するリン脂質にあるべきエイコサテトラエン酸(アラキドン酸)との比率が用いられる。この比率は血液中の脂肪酸構成に反映され、必須脂肪酸欠乏の診断に用いられる。
エイコサトリエン酸(C20:3,ω9) >0.4
エイコサテトラエン酸(C20:4,ω6)
 必須脂肪酸欠乏症
  または
Trien:Tetraene比(T:T ratio)>0.4
 必須脂肪酸欠乏
 エイコサ(eicosa)とは、ギリシャ語で20を意味するeikosiに由来し、脂質代謝においては炭素数20の脂肪酸を表す。炭素数20の脂肪酸で構成され、生理活性をもつエイコサノイド(eisosanoids)については後述する。
おすすめコンテンツ

Prev

  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム

Next

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食