"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

キーワード

栄養情報

  1. トップページ
  2. 栄養情報
  3. キーワードでわかる臨床栄養
  4. 脂質[lipid]

3-4:脂質代謝のキーワード

[1] 脂質[lipid]

① トリアシルグリセロール
 トリアシルグリセロールは脂肪酸を構成成分とする最も単純な脂肪であり、グリセロールの3つの水酸基に脂肪酸がエステル結合したものである(図1)。トリアシルグリセロールは構成脂肪酸の種類によって名称がつけられている。例えばステアリン酸、パルミチン酸、オレイン酸によって構成されるトリアシルグリセロールは、トリステアリン、トリパルミチン、あるいはトリオレインである。
図1

図1●トリアシルグリセロール

② 生体膜の構造脂質
 生体膜は両親媒性の脂質二重層で構成されており、極性分子やイオンが膜を通過する障壁となる。哺乳動物の代表的な膜脂質はリン脂質、グルコスフィンゴ脂質およびコレステロールである。これらの3つのタイプの膜脂質は、疎水性の脂肪酸部分と、極性のある部分が組合わさって構成されている。例えばリン脂質のホスホグリセリドの構造について説明すると、グリセロールのC-1位とC-2位にそれぞれ脂肪酸がエステル結合し、C-3位にリン酸化されたアルコールが結合している(図2)。
図2

図2●ホスホグリセリド(phosphoglyceride)

③ ホスホリパーゼ
 大部分の細胞では常に膜の脂質が分解し新しく置き換えられている。グリセロリン酸のそれぞれの結合部位に特異的な加水分解酵素がある。これがホスホリパーゼAとよばれる加水分解酵素であり、A1とA2はグリセロールのC-1とC-2に結合している脂肪酸を加水分解する(図3)。細胞外のさまざまな刺激によりホスホリパーゼAは活性化され、膜脂質から後述するエイコサノイドの前駆体を遊離する。
図3

図3●ホスホリパーゼによるリン脂質の加水分解

おすすめコンテンツ

Prev

  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム

Next

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食