"栄養"に特化した食品メーカー 栄養素補給食、嚥下サポート食のニュートリー株式会社

情報提供

栄養情報

  1. トップページ
  2. 栄養情報
  3. 情報提供

ニュートリーでは各エリアの新聞社やラジオ局とシンポジウムを開催し、見た目も味も普通食そっくりの嚥下調整食をご紹介しています。 過去のシンポジウムの内容をご覧いただけます。

過去のレポート一覧

2013年6月1日
見た目も美味しい「高齢者食」シンポ 東照宮で開催
~日光名物「ヤシオマス」「日光湯波」も本物そっくりゼリー食に~

終章を生きるシンポジウム ~2025年超高齢者社会【食べる】への挑戦~

2013年6月1日 下野新聞社共催

開催の概要
  • 日時2013年6月1日(土)13:00~16:30(受付12:30~)
  • 場所日光東照宮 客殿(栃木県日光市山内2301)
  • 動員数312名
  • 天候晴れ
  • 主催ニュートリー株式会社、株式会社下野新聞社
  • 後援栃木県、日光市、栃木県言語聴覚士会、栃木県栄養士会、栃木放送、エフエム栃木、栃木テレビ株式
  • 協力会社療食サービス、リコージャパン株式会社、株式会社オフィス・サウス、鬼平の羊羹本舗、栃木県養殖漁業協同組合
  • 日光東照宮客殿の会場に300人超が集まりました。
    日光東照宮客殿の会場に300人超が集まりました。
  • ゼリーで作った日光のご当地食。奥からヤシオマス/日光羊羹/日光湯葉
    ゼリーで作った日光のご当地食。奥からヤシオマス/日光羊羹/日光湯葉
  • 管理栄養士・工藤氏の講演に熱心に耳を傾ける参加者
    管理栄養士・工藤氏の講演に熱心に耳を傾ける参加者
  • 下野新聞社、山﨑記者の基調講演。胃ろうを卒業して口から食べられた方のエピソードも
    下野新聞社、山﨑記者の基調講演。胃ろうを卒業して口から食べられた方のエピソードも
  • パネルディスカッションではそれぞれの立場から熱く議論が交わされました
    パネルディスカッションではそれぞれの立場から熱く議論が交わされました
  • フルート奏者・山形由美氏のミニコンサード
    フルート奏者・山形由美氏のミニコンサード
当日の内容抜粋
第1部 嚥下(えんげ)セッション 13:05~13:45

高齢者食の明日を支える嚥下(えんげ)食 ~ご当地食をいつまでも~」
演者/南大和病院 管理栄養士・工藤美香

嚥下とは・嚥下障害とは、という分かり易い解説と、実際に病院で提供されている本物そっくりの嚥下食の実例が紹介され、参加者は熱心に聴講していました。また、講演を聞きながら【ご当地嚥下食】が提供され、会場からは「おいしい」「本物の味がする」といった声が聞こえました。

第2部 基調講演 14:00~14:40

「終章を生きる ~2025年超高齢社会【食べる】への挑戦~」
演者/下野新聞社 記者・山﨑一洋

実際の取材経験を踏まえての講演が行われました。講演では、「終章を生きる」という連載に至った経緯から、取材で胃ろうだった方が口から食べられるようになったエピソードまで、報道の立場から「終章の食」についてのメッセージ性の強いお話しがありました。

第3部 パネルディスカッション 14:55~16:10

「最期まで自分らしく ~食べことは生きること。それぞれの支えるとは~」
パネリスト/斎藤文夫(日光市長)、柴本勇(国際医療福祉大学准教授・言語聴覚士)、山形由美(フルート奏者)、山﨑一洋(下野新聞社 記者)

行政の立場から日光市長・斎藤文夫氏、報道の立場から山﨑一洋氏、専門家・医療従事者(言語聴覚士)の立場から国際医療福祉大学准教授の柴本勇氏、一般の立場からフルート奏者の山形由美氏が議論を交わしました。

【参加者の声(当日のアンケートより抜粋)】
  • 口から食べることは心と体の栄養、本当にそう思うし、最期まで挑戦しつづけたい(52歳女性、介護従事者)
  • 食事の重要性を痛感。調理方法に感心しました(64歳女性、無職)
  • 食べることが命の質を決める。最も人にとって大切なことだと改めて思いました(65歳女性、介護従事者)
  • 嚥下食があるとは思っていませんでした。障害者は当然、死に至るものとばかり思っていました。私の父は、87歳でしたが、慢性的に管を差し込まれ、苦痛の極みで、天に帰りました(75歳男性、その他)
  • もっと、嚥下についての情報発信をお願いします(?歳、女性)
  • 遅かれ早かれ自分の問題になると思う、しっかり考えていきたい。すばらしかった(66歳女性、無職)
  • 他人ごとではない、真剣に考え始めるきっかけになったと思います(46歳男性、会社員)
  • もっと味のないものだと思っていた。試食して、ただただびっくりした。美味しかった(19歳女性、学生)
  • 利用者様の家族に伝えてあげたい。胃瘻について、また深く考えさせられました(?歳女性、介護従事者)
  • 仕事でゼリーを作っていますが、食べられなくなった方の食事という認識が強かったのが本音です。今回の様々な現状のお話が聞けて、嚥下食を通して、食べることの楽しみを伝えたり、嚥下等の向上につなげられるよう努力したいと感じました(32歳女性、医療従事者)
  • とても嚥下食には思えない見た目で、びっくりした。食べることは最初であり、最後まで生きていく上で大切なもの。楽しみの少なくなっている高齢者には、1番といえるくらい、楽しみなものです。それをいつまでも持ち続けてほしい、そのために私も努力したいです(50歳女性、介護従事者)
開催の背景

ニュートリー株式会社では、全国の病院や介護福祉施設を中心に、通常食を飲み込みに配慮した嚥下食に作り替えられるゲル化材を開発・製造・販売しています。当社では、ゲル化材の販売だけにとどまらず、嚥下食の普及を目的に、全国の病院や介護福祉施設で働く管理栄養士・調理師を対象とした「嚥下食実践セミナー」を開催してまいりました。

このたび、2011年12月から2012年7月にかけて「終章を生きる」と題した連載記事を掲載してきた下野新聞社とタイアップして当シンポジウムを開催することで、より広く一般の方にも身近に嚥下食を知って頂くことをねらいといたしました。

おすすめコンテンツ

Prev

  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム

Next

  • Page Up
  • サイトマップ

はじめにお読みください 嚥下サポート製品・濃厚固形食ご使用上の注意

公式Facebookページ
  • 嚥下NEWS公式Facebook
  • V CRESC公式Facebook
公式YouTubeページ
  • YouTubeニュートリー公式チャンネル
おすすめコンテンツ
  • ニュートリーオンラインショッピング
  • ニュートリーポイントプログラム
  • CLUB NUTRI(登録・変更)
  • ご当地嚥下食ワールド
  • 嚥下NEWS
  • トクヨのえん下食&スマイルケア食