薬とはちがう、
「栄養療法」という方法がある。

ニュートリーの
栄養療法

たとえば、あなたの大切な人が病を患った時。
果たしてあなたには何ができるのだろう。
たとえば、あなたの大切な人が入院した時。
果たしてあなたには何ができるだろう。
たとえば、あなたの大切な人が病のために、食事が困難になった時。
果たしてあなたには何ができるだろう。
ドクターや看護師を全面的に信頼してすべてをまかせる?
最新の治療について知識を深める?
それとも、ただじっと、大切な人のそばにいて見守る?
きっとどれも間違いじゃないでしょう。

ただひとつ言えることは、あなたの大切な人が
たとえどのような状態になったとしても、
たべるという行為は、生きていくことに不可欠であること。
そう、たべると生きるは、ほぼ同義語であるとニュートリーは考えています。
たべるという楽しみを奪われた時、人は人生の半分を失くすのではないか。
大げさではなくそんな風に思うのです。
いつまでも、おいしく、たべものを味わう。
それは、基本的人権のひとつといっても過言ではないでしょう。

ニュートリー、私たちは健康食品をつくる企業ではありません。
この世界には、数えきれない程の健康食品が存在します。
しかし。健康を謳う食品等の中には、医学的エビデンスのないものがあるのも事実。
そういった現状の中で、どうすれば真の価値のある製品を開発できるのだろうか。
それは創業以来、変わらない私たちの重要なテーマでした。
そして私たちがたどり着いた結論、それは栄養療法という概念を伝えていくこと。

たとえば薬は、病などに対して、効果的に働きます。
しかし、この世界に万能薬というものは存在しません。

栄養療法は、薬とは違う方法論でカラダに働きかけるもの。
自らの細胞が回復できるようにサポートすること。それが栄養療法です。
栄養は健やかに生きていくために必要不可欠なものです。
栄養素の持つ力を最大限に活かし、
自然な状態でココロやカラダを整えていく。
それが栄養療法の本質です。

ニュートリー、私たちがお届けするすべての製品は、
医学的エビデンスという根拠を持たない商品群とはまったく違うもの。
私たちが届ける製品、それは栄養療法食品です。

栄養療法という医学的なエビデンスに基づいて
開発されたものだけを厳選してつくる。
それこそがニュートリーの原点であり、いまも変わらないスタンスです。

いま世の中には、たべるということを楽しめなくなった高齢者があふれています。
私たちのスタートは、あらゆる症状で苦しみ、闘う人たちに適切な栄養を届けることでした。

たべていくことは、生きていくこと、そのものです。
だから、私たちは人の『生きる』について、ずっと、
そしていまも真摯に向き合っていこうと思っています。
生きるをまっすぐに見つめること。それが私たちの信条でありミッションです。
栄養という目には見えにくい大切な要素、そのクオリティを可能な限り追求すること。
健康という言葉に隠れてしまいがちな栄養療法という考え方を
私たちは浸透させていきたいのです。

薬よりも先に、人間が本来持っている、自己治癒力を大切にする。
そのために栄養療法という考え方に基づいた製品を開発し続けること。
それがニュートリーの創業以来、変わらない信念です。これからも変わらない想いです。

お悩みから探す